h1_head

フォームプロ設立に参加したきっかけ

「お客様とずっと付き合えるリフォーム会社」
という想いに共感して

代表の阿部は、以前勤めていたリフォーム会社の上司でした。パッと見はクールに見られることもありますが、お客様はもちろん、部下や同僚にもやさしく接してくれる熱い人で。もう十年以上の付き合いになるので、今さら褒めるのも気恥ずかしいですが(笑)

そんな阿部さんが独立すると聞き、「お客様とずっと付き合えるリフォーム会社を創りたい」という想いに共感して、会社設立と共にリフォームプロに参加しました。

当初は苦労もありましたが、地域密着のホームドクターとして活動を続ける中で、お客様からのリピート数も増え、徐々に業績も上がり、今では多くのお客様に支持していただける会社になることができました。

深いお付き合いのできるお客様や地域の方も増えて、「リフォームプロに参加して良かったな」って、あの頃を振り返ると感慨深いですね。

ランナーをしていて、うれしかったこと

otani_photo01

「大谷さんと出会って、生活の価値観が変わった」

リフォームを担当させていただいたお客様は、皆さんよく覚えていますが、特に印象に残っているご夫婦がいます。当初のご要望は「子どもが独立して、夫婦2人の生活になっていくので、それぞれの個室やそれぞれの空間に分けたい」というものでした。

ご夫婦とお会いして、コミュニケーションを重ねていく中で私が感じたのは、「夫婦2人だからこそ、2人で向き合える空間があったほうがいいのでは」という想いでした。

そこで、「2人になるからこそ、対面キッチンがいいですよ」と、はじめは「いらない」と言われた『対面キッチン』をおすすめして、合わせて『外を向いて、気持ちよく暮らせる間取り』をご提案させていただきました。

施工が終わった後、「大谷さんと出会ったことで、生活の価値観が変わった」とご夫婦から手紙が届いた時はうれしかったですね。ただお客様に言われたことをするのではなく、お客様の目線で暮らしやすい空間をご提案するのが、プランナーの仕事だと私は信じています。

事をする上で気をつけていること

otani_photo03

お客様の、ふとしたつぶやきにヒント
がある。

リフォームのプランについて話している時に、
「もう少し部屋が明るくなるといいな。家の向きもあるから仕方ないか」
と、お客様がつぶやかれたことがありました。

実は、そういった何気ないひとことに、新しい価値をつくるヒントが
隠されていたりするのです。

そのお客様の場合、はじめは壁紙の張り替えのご依頼だったのですが、
「部屋が暗く感じるのは、間取りが悪く、部屋に広がり感がないからです」とお話して、プランを根本から見直すことで、お客様にもご満足いただけるリフォームをすることができました。

「ただ部屋を変えるのではなく、生活を変える」のがリフォームプロのリフォームです。

職活動中の人へのメッセージ

otani_photo02

困ったり、悩んだら、一人で抱え込まずに相談してください。

リフォームプロは、リフォームだけでなく、新築の仕事や街づくり、コミュニティづくりなど、様々な仕事をしており、これからも新しいことに挑戦し続けていく会社です。ぜひ、「新しいことにチャレンジしたい」という人に来ていただきたいですね。

少しだけ厳しいことを言わせていただくと、学生から社会人になってすぐに自分のやりたい仕事ができるわけではありません。入社して3年くらいは基礎を身につける時期で、初めての経験も多く、きっと困ったり、悩んだりすることもあると思います。

そんな時には一人で抱えこまずに、気軽に相談してください。
私も新人だった頃は「この仕事を辞めたい」と思ったことがありました。
その時期を乗り越えられたからこそ、今ではこう感じています
「リフォームの仕事を続けていて良かった。この先もずっと続けていきたい」と。